ウォーターサーバーとは?

オフィスや一般家庭でも目にする機会の多くなったウォーターサーバー、しかしウォーターサーバーとはどんなものなのかと言われたら詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。 基本的にウォーターサーバーとはボトルに濾過された水を入れたものを上部などに設置し飲料や料理に使用する時に汲み出す機器のことです。一般的には容器が空になるごとにその空容器と水が入った容器を交換しながら使います、最近では好きな時に冷水や温水が使用できる点や濾過された安全な水を使用できる点から利用者が数多く増えてきています。 またコストパフォーマンスにも優れ浄水器などと違い消耗品の交換はありません。メンテナンス性も良く水が汲み出される部分を清掃するだけで大丈夫ですので掃除に時間を取られることもありません。 加えて業者が独自に調査した源泉から天然の水を工場に運び綺麗なボトルに注入し宅配され、その過程において消毒や殺菌をほとんど行っていないので水道水のようなカルキ臭さもなく水本来の味を楽しめます。また消毒や殺菌をほとんど行っていなくても水の安全性には問題ありません。長い時間をかけて地層と言う天然の濾過装置で濾過されていますし、清潔な工場で清潔なボトルに入れているので雑菌などが入ることはありません。 以上が主な特徴ですが、業者によって様々なサービス、例えばレンタル代が無料だったりボトルの宅配設置サービスを行っているところもあります。


一家に一台ウォーターサーバー

一昔前は安全で美味しい水を飲むためにはミネラルウォーターをスーパーなどで購入する必要がありました。しかし人が生きていく上で最も重要なのが水です。毎日使うものですので自然と消費量も増え頻繁に買い足す必要があります。マンションやアパートにお住まいの方はひと箱買った場合約10キロの水を抱えて階段を登ったりしなければなりませんでした。 そこでここ数年でウォーターサーバーが普及し始めました。業者が自宅まで美味しくて安全な水を運んでくれるサービスが受け爆発的に需要が増えました。しかし機種によっては非常に大きく設置するスペースが無いご家庭もあります。そんな方のために卓上型のウォーターサーバーもできました。 床置きタイプと違いスペースを取らず、また軽いので持ち運びが簡単でお部屋のインテリアとしても使えますし、寝室などに置けば夜不意に喉が渇いた時でもすぐに水を飲むことができます。 また浄水器のようにフィルターやカートリッジなどがなく消耗品の交換がありません。さらに日々の掃除も簡単で水が出てくるところを掃除するだけです。 最近では業者独自のサービスも行われており、レンタル無料やボトルの宅配設置サービスなど各業者によって様々なサービスがあります。 驚く程のスピードで利用者が増加し、一般家庭への普及率も上がっています。もしかしたらあと数年のうちに一家に一台のウォーターサーバーが当たり前になる時代が来るのかもしれません。


>

関連情報